じじ日報

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
皆が「だめだ」という良いアイデア

 世の中には出ないもののものすごくたくさんのアイデアを出し、何をしていくのか決めるのですが、ここに紹介するのは未来のための抗体アレーです。抗体でなくてもいろいろと考えられますが。本当は自分でやってみたいのですが、時間と環境とお金と...全てがそれを許しません。おまけに可能性についての議論を持ちかけても完全否定されてしまう始末。だからといってアイデアそのものが悪いわけではありません。

 オリジナルは、2002年に簡単な提案書のようなものを作っていたのですが、月日が経てどもいっこうに研究が出来ませんので公開します。

 ポイントは抗体はそれ自身が抗原と認めた「分子の部分」を認識するわけですが、これは免疫染色の根幹についての矛盾でもあります。すなわち、例えばあるタンパク質によって誘導された抗体はそのタンパク質の部分アミノ酸配列のうち特定の官能基や側鎖などの空間における立体的な表現を見分けているのです。ということは、部分的に同じシーケンスを持つ別のタンパク質に対しても結合する可能性が高いですし、全く異なる物質であっても同じ、あるいは、同様な官能基の表現型を持っていさえすれば反応(クロスリアクト)するわけです。決して1対1ではありませんね。

 これ自身がタブーなのかもしれないのですが、概念的にはこれに基づいてできるだけ多くの構造既知物質とクロスリアクトする抗体をスクリーニングしようとするものです。抗体はアレー化し、何を認識しているのかを追求する必要もありません。

 私達がものを食べる時、味蕾にある細胞のレセプターで食物の成分を分子として認識し、これを電気的刺激に変換し、脳で分析し堪能する。(あ〜 うまいものもうまくないな こんなこと言ってたら)単一の物質を解析するばかりでなく、極めて複雑な分子のスープを立ち所に解析し、舌に乗せた途端に「うまい」とか「まずいとか」さらには「こくがあって円やかで」などと言ったりする。(僕は言わないけどね)もしかすると何千もの各々の分子の認識現象をミリ秒程度で解析し、さらに、脳内のデータに照合し、判断し、筋肉を動かしている。本当にこのような力ずくのプロセスを行っているのかも知れません。もしそうならかなりの処理スピードです。

 しかし、私は、もしかすると異なるプロセスで迅速に解析をしている可能性があるのではないかと疑っています。将来、この疑問を解くために、知恵?を絞ってみました。もし、私の憶測が外れていた時に皆さんを巻き添えにするわけにはいきませんので、もう少し現実的な研究成果の出口に関しても考えてあります。

 

 それでは、ポンチ絵で概略を説明していきます。

 世界中の研究者がモノクローナク抗体を毎日のように使い細胞内外のタンパク質の存在の特定を行っています。抗体による染色が特定物質のみを観察していることと同義かどうかは別として、分子認識がそこでおき、私達はこの現象を利用しています。

  






 しかし、多くは「非特異吸着」の理由から廃棄されています。これらを宝の山としてどんどん抗体を収集します。前段階としては、抗体賛成細胞のバンクを作るのも良いでしょう。多くの抗体が抗原として使った多くのタンパク質のうちの共通項に対するものである可能性がありますが、そんなことはおかまい無しです。







 数万の抗体が集まったらいよいよアレーの作成です。何をどのように配置してもかまいませんが、「記録」だけは念のためにしておきましょう。

 







 一方、スクリーニングに使用する化合物ですが、こちらにも問題があります。分子に例えば蛍光標識を施す時、リンカーを結合した場所はリンカーや標識によってマスクされてしまい、仮にこの部位が認識に必要であった場合には情報を得ることができません。そればかりか誤った情報を与えてしまいます。

 この問題を解決するために、様々な部位にリンカーを導入する必要があります。極めて反応性の高い化学種、例えばカルベン種を用いてリンカーをランダム(とはいえ、反応する官能基がある場所に限られますが)に導入します。このような化合物群に蛍光標識をおこなうのですが、通常の方法では「複数の分子の集合」となってしまいますので、ここで更に一工夫。

 蛍光性のある半導体ナノ粒子が最適でしょうか。これに、先ほどのリンカー付き化合物を反応させます。当然、先ほどのリンカーは2官能性で一方は個々の分子のあちらこちらに結合していますので、もう一方の官能基を使ってビーズに導入するわけです。そうすると、あたかも1ビーズが1分子のような表現型を示すようになります。不特定位置にリンカーを持つ特定分子の混合物と1ビーズの反応であり、統計的に判断すれば単一分子を再構築できると考えられます。

 このようにして作製した分子被服ビーズを使って先の抗体アレーに片端からスクリーニングします。仮説が正しければ、複数の抗体が反応し、蛍光のシグナルを与えてくれることとなります。ここからは、データマイニングに徹することとなります。その後、「十分なデータ」収集ができたら、「経験」の完了し、いよいよ経験の有効性を確かめる段階です。

  

 未知の医薬品や農薬候補物質を先ほどの抗体アレーでスクリーニングします。類似する蛍光レスポンスのパターンをデータベースに参照し類似する物質群を検索します。単一の分子が返されるとは限りません。これは、抗体が分子の一部と反応しているためで似て非なるものが多く存在する可能性があります。理解しにくいので、このように言い換えることができるでしょう。「この医薬品候補は、薬効は期待できるが毒性も高い可能性がある。」これは、機能発言する官能基の特徴を持っているとともに、毒性を示す官能基をも有するという意味で、各々の情報が別々の分子から提供されデータベースにマイニングされていたことを意味します。


 全てが仮定に基づいていますので、やってみなければ何も分からないのですが、実験動物を極力減らすことに大きく貢献すると考えられます。その他にも非常に多くの利用が簡単に考えられます。また、さらに、この考え方は、必ずしも抗体にのみ適応可能なわけではなく、ありとあらゆるカテゴリーの分子に適応できます。


 10年まえのプロポーザルですが、今から5年してまだ誰もやっていなかったら死ぬ前にやってみようかな。



 JUGEMテーマ:自然科学
音(おと)引き辞書を創ろう
 Kanata」というイヌイットの言葉があります。カナダの国名の元となった言葉です。Kanataは"settlement"とか "village"を意味する言葉で、いわゆるカタカナ読みでそのままの音のようです。また、CanadaにはKanataという小さな町もあります。「かなた」と云うと、我々にとっては「彼方」。彼方は、辞書の意味はともかく「遠くの場所」の意味ですね。イヌイット(Inuit: "people"の意)の人たちのことはよく知りませんが、むりやりイヌイット語(Inuktitut)を日本語と関連があると解釈してあてると、「戊亥人」、すなわち「北西の人」ですか。たしか戊亥の方角は歴史的に変化しているとのこと、「北の人」ということかもしれません。

 

 かつて人類は地球上を移動しました。氷河期の到来により食料を求めて移動したとかの説があると思います。本当の理由はともかく、もしだんだん寒くなってきて食糧難になってきた集落に住んでいるとすると、話し合いをするでしょう。どれほどの言語体系を持っていたかは不明ですが、意見が分かれて村に残るグループと移動するグループができたかもしれません。すると、「ここ」と「むこう」、「方角」、また、「距離」の概念があれば、彼らの間で「しめしあわせ」ができますね。イヌイットはもともとエスキモーと呼ばれていた人たちのことですが、調査によれば日本にも住んでいた先住民がアラスカから北米大陸に移動したといわれています。彼らの顔立ちは驚くほど私たちと似ています。トーテムポールなど目に見える部分の文化もアイヌの人々のものと共通しますね。

 

 現在の言語における意味が当時の意味を具体的に反映しているとは限りません。記述言語を持たない文化の場合、「音」のみがたよりですが、後世になって別の記述体系が出来上がる、あるいは、「輸入」された場合「当て字」をすることになります。この「当て字」がくせ者で、更に後代になると音の模倣のみであった当て字が元々の意味を持っていたかのように解釈されてしまう可能性があります。

 

 インターネットが広く利用できる環境が整ってきました。古代の文化圏を知る上でも「音引き(おとびき)」辞書が重要です。生物は遺伝情報を継続するために生きているし、また、生かされているように思います。多様な生物の一種族である人類は、言語を取得し語り伝えることで疑似体験を可能としました。さらに、文字を使うことで集団の規模を大きくできたと考えられますし、長期的に安定して情報を伝えることができることができるようになりました。この力は、生物本来の継続の目的の一部とも考えることができます。様々な形態をもつ人類の「生産物」を保存していくことも人類の存在目的とも考えられるわけです。音の情報の保存の現状がどのようになっているのか?門外漢には分かりませんが、是非、国際協力しましょう。目先で利用価値があることは、「ユニバーサルトランスレータ」でしょう。

 

 Kanataの元々の意味は「むこう」にあるまだ見ぬ「新天地」であったような気がしてなりません。厳しく苦しい生活環境を捨て新天地を目指した集団がかつていたのではないでしょうか。我々も新たな地平を目指して前進あるのみ。08/16/2007

 

参考

Canadian Information Site

先住民に関する政府のサイト


Continuous liquid-liquid extractor for spilt oil

Create a large scale continuous liquid-liquid extractor as follows that can effectively remove (recover) spilt oil on the water (sea) surface at very low cost.


Have two hollow cylinders with different diameter and length, one with ca 10m in diameter and 3m length and the other with ca 3m (d) and 2m (l). Connect these two to become a smaller cylinder inside using a pair of blade with some right angle as it will work to assist the liquid flow. When connect these two each other, have the center of the inner small cylinder to meet the top edge of outer cylinder. Attach an anchor point to outer cylinder at the top. Install a screw facing down with ca 3m rod at the center of the concentric cylinder through a motor, engine, or gearbox connected to a motor. Install a suction pump facing up at the center. Also, install at least a pair of smaller screws with motors to the opposite end of the outer cylinder in orthogonal orientation to counter effect the main screw. Now you hang it with a crane of a tanker and dip it to a sea surface. When you do it, the outer cylinder should be below the surface and the inner cylinder come out of the surface. Turn the screw to push down the polluted sea water to create a whirlpool. The oil with small specific gravity floats at the center of the whirlpool, which is sucked out through a pipe connected to a suction pump.


災害現場の照明


 震災現場や山間部での災害現場等、重機を持ち込むことが極めて困難な場合が多々あります。また、視界が確保できなければ被災者の捜索作業は中断されるか、スピードダウンを余儀なくされます。一刻を争う場合には致命的ですがこの照明の必要性に対する認識が足らないと思います。


 そこで、鏡面バルーン(直径1メートル程度で良いと思います)を上げて、この位置を最低2本のワイヤで複数箇所(最低3カ所)で決めます。バルーンの位置は必ずしも照明が必要な場所の真上である必要はありません。アンカーポイントは重機搬入が可能な安定した地点を選びます。


 鏡(バルーン)を上げることができたら、サーチライトを使って任意の現場を照明できるようになります。鏡が凸面鏡で反射光が発散しますので、サーチライトからの光はできるだけ鏡面に集光する必要があります。したがって、サーチライトの集光レンズのフォーカスポイント可変のものが最適ですので、存在しなければこれも開発します。このように鏡(バルーン)を一度上げてしまえば、副数台のサーチライトを用いて任意の複数地点の照明が可能となります。もしかすると、鏡面よりも乱反射する素材を用いて低く上げる方が効果的かもしれません。また、より明るくしたい場合は、複数箇所から任意の一地点を照明することによって可能となります。実際には、風でバルーンがぷるぷる震えますので、上下、あるいは、水平3点で「固定」すると良いでしょう。さらに、この方法であれば、強力なサーチライトやレーザーを使えばかなり遠くからでも夜間照明が可能です。現場付近まで持ち込むのは小さなHeガスボンベ(アルミ製)、ウインチ、アンカー金具、それに、たたんだバルーンのみ。風雨が強い時の対応は皆さん知恵を絞ってください。


レスキュー隊、自衛隊の皆さん!!!


Act now!!!

Nothing is more important than saving lives.



JUGEMテーマ:自然科学 
Floating Coral Reef Project!
 昨今、大気中二酸化炭素量の増加による地球規模の温暖化現象が問題となっています。この原因については諸説ありますが、珊瑚礁の再生活動は海中の二酸化炭素を主に炭酸カルシウムとして固定化することにより、二酸化炭素の気相、液相、固相の間の平衡関係を地球規模で変化させる可能性があり極めて重要であると考えられます。問題は、産業との共存ということになります。


 珊瑚礁は、数メートルから30メートル程度の暖かい海中に形成されます。一般的には陸地周辺にこの環境が存在するのですが、人の生活圏と重複することが破壊の原因となってしまうことになります。そこで、人が生活しない(少なくとも当面)海中に「浮き付きアンカー」を沈め珊瑚の生育環境を作れば、そのような環境を広範囲に構築することができます。「浮き」の浮力は想定する珊瑚礁の重さから逆算します。幸運にも想定量を超える事態が起こりそうな場合は、計画的に次世代の浮きを投入しましょう。成長しすぎた「浮き珊瑚」は海底に沈みますが二酸化炭素は炭酸カルシウムとして固定しています。


 さて、このプロジェクトを観光産業と結びつけることももちろん可能ですから、企業による取り組みも可能です。また、昨今の二酸化炭素削減量の売買の仕組みを使うこともできるでしょう。


 想定される問題点と対策:立ちはだかる法律/話し合いと法改正/第一段階は国家プロジェクトとして検討、船舶の座礁/特区をつくる


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.