じじ日報

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
トイレは閑:脳、視覚、認識、リフレッシュ
 wave
多くのトイレの壁はモノトーンで無機質なテクスチャー

座って膝に両肘をつき頬杖をついている

ボ〜ッと前をみている

瞬きはしない!


なぜヒトは瞬きをするのか?


一点を見続ける


目のゴミを取り除くためとか乾燥から防ぐためとか異物の侵入から目を守るためなどと云われているが


しばらくするとダークな不定形(大まかには円形)の「しみ」のようなものが認識できる

眼球を動かしたり、瞬きをすると見えなくなってしまう


あ〜目が乾いてきた


このままの状態で、しばらく”我慢”してください。そうすると「しみ」が動いていることが分かるーーーどのようにかと言うと、視野の中心からしみが現れ同心円状にリングとなって広がっていく

最初のしみがリングとなった時、中心には新たなしみができていく、波紋のように


このとき、一定の周期でこの「波紋」が動くようだったので時間を計ったりしたが、関係のあるのは心拍のようだ

心拍6回に1回しみが現れる

これは、何なのか???


なぜヒトは瞬きをするのか?

目のゴミを取り除くためとか乾燥から防ぐためとか異物の侵入から目を守るためなどと云われているが、

「視覚情報の初期化」(個人的仮説)の可能性は無いだろうか?


だから、まぶたのない生物の場合にはもっと原始的な初期化プロセスが存在すると

このような場合、初期化プロセスは、認識した情報解析のための時間分解に関係すると思われる


突飛押しも無いことだろうか?
核心に迫っているような気がする


...そんなことないって?...そうかもしれない


JUGEMテーマ:こころ

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.glycoaware.com/trackback/1
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.