じじ日報

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カンブリア爆発



 最近いろいろなことがあって気忙しくて、プライベートでコンピュータに向かう事がほぼありませんでした。向かうとか向かわないとかの問題ではなく、こういうのは気持ちに余裕が無いと書けないものです。


 考えは、考えるから出るのではなく勝手にそこにある、というより、「おりてくる」ような感じですが、あまりに忙しいときは「そのこと」で頭が一杯で、出るも何も時間がありません。仕事が済んだら寝る、というより気絶してるといった感じ。


 職場にアルビノ(白子)の植物の芽を見つけて、友人とあれこれ話をしていました。全く葉緑素の無いと思われたその植物は、隣に生えている健康体に比べ全体に多くの葉をつけ、より多くの光を集めようとしているようでした。


 このアルビノがどうして生きていられるのか?通常葉緑素を持たない植物は寄生植物で養分を宿主から分けてもらっていますし、葉すら無かったりします。しかし、この植物は全く普通の感じでした。


 何日か煙草を吸いに行った時に成長を見守っていました。「果たして、根を共有していてだからエネルギー源等は共有できているのだろうか、実から発芽したてでもうすぐ死んでしまうのだろうか」などと考えていました。


 そんなある日、職場の草刈りがあって、きれいさっぱり刈り取られてしまいました。なんだか切ない感じでした。だれがどう思っているから、とかではなくて、それなりに一生懸命に生きようとしていた命は、別の命によって、生きる価値を認められる事も無く、おそらくは、気に留められる間もなく、その命を刈り取られてしまったわけです。


 私は無神論者ですが、仮に神があるとしたら、こんな感じなのではないだろうか、などと考えてしまいます。全く「意識」レベル、「思考」、あるいは、「論理」の異なるものが、何らかの行為をする。これによって他の生物の生死が決まってしまう。しかし、そんな事すら問題ではなかったりするのではないだろうか。


 そのようにして、そのような圧力を耐え抜いて行くもの(種)が、結果として進化し、そのような圧倒的「脅威」に対して畏敬の念を、自らのコントロールできない超越した存在として認めつつも、理解する事も無く、それでも、あまりに自らとかけ離れたものとは認めたくもないままに、抱いている。


 1週間が経ち、いつものようにタバコを吹かして休憩していました。刈り取られた「雑草」も芽を出し始めていましたので、あのアルビノの生えていた辺りを見てみました。ありました。けなげにも、枯れる事無く、隣に生えていた健康体ともに新しい白い葉をつけていました。


 圧力に耐え続け、命は時間を越え生き続けています。「長生きしたい」などという、小さな個体の意思などあろうが無かろうが、そんな事は種族が生きるという事とはまったく無関係に、ただただ愚直なまでに単純に生きています。すばらしく単純な論理に従っているようです。


 忙しくって忙しくってどうしようもないときは、全く良いアイデアが出ませんが、でも、その後で堰を切ったかのようにアイデアは溢れ出します。生物は様々な圧力の元で生きていますが、持続的な、また/あるいは、大きな圧力にさらされて多くの種族存続の危機にひんした時、その後には「大爆発」が起こるのではないでしょうか。

JUGEMテーマ:自然科学
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.glycoaware.com/trackback/18
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.