じじ日報

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
加重力加速進化研究のすすめ!


 
人類が宇宙へ進出するのは時間の問題でしょう。

 地球上で進化した人類が無重力や低重力環境でどのように変化するのかしないのか?単に発生がいくいかないのみならず、地球の生命にとって異常な環境で将来何が起こるのか?自由に宇宙に行けるようになる前から研究の対象としたいものです。低重力実験は、基本的には宇宙ステーションなどを利用して可能になるでしょう。

 ここでの提案は、低重力下で生活する可能性があるのであれば、加重力環境での生活の可能性も当然ありますので、こちらについての提案です。


 大きなメリーゴーランドを建造し円形の研究所(実験棟)の中に中心から順に実験室を円周上に何層にもつくります。要するに宇宙ステーションの地上版ですね。適当な回転数を与えれば、中心からの距離で「重力」をコントロールできますので様々な重力環境での実験ができます。当然アクセスは「中央棟」から!もちろんここは1Gです。これはかなり現実的!


 しかし、止めるわけにはいかないので、作動中に「車輪」の入れ替えをしつつ点検保守をおこなうためのギミックなど技術的には困難もあります。


 何が起きるのか?生物の進化?現象論でなく原因を知りたいと思いませんか


 みなさん!宇宙に行きましょう!

 

 進化研究は個人の研究で達成でるとは考えられません。もちろん、世代交代が早い生物を研究対象とするのですが。ですからスポンサーがつかない。結局、今良ければいいんです。しかし、遠い将来の見果てぬ夢を追いかける。ロマンチックじゃないですか。え?くさい?ま、そう言わず。

 

 具体的なアイデアとしては、...アミューズメント施設、会員制トレーニング施設との機能共有をすることができれば運営もしやすい。建設に協力してくれる建設会社ありませんか?宣伝効果は絶大でしょう。初期投資はどうするか?BGか石油王か。


<もともと2007年のお誕生日に書いたものでした>



テーマ:宇宙 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.glycoaware.com/trackback/19
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.