じじ日報

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
落ちるという推進法
  私たちが乗り物で移動する時いろいろな乗り物を使いますが、とどのつまり作用と反作用の単純な原理に基づいて力を伝えていますね。車や電車は車輪を回して接地点で道路や線路を押すわけです。摩擦抵抗が小さければスリップするし、無ければ進むことができません。人が歩いたり走ったりするときはどうでしょうか?やはり同じことですね。


 しかし、よく考えると少し推進力を生み出す方法が異なっています。車は重心移動がありませんが、人の動作の多くは、歩くことも含めて重心移動を伴います。歩いているときにはあまり感じませんが、スケートをする時、特に、ダッシュしようとする時には重心の移動を実感できますね。抵抗が小さい異常な状況で走らなくてはいけませんので、けり足のブレードがける方向と90度となるようにして思いっきり蹴る。このときに転ばないためには、蹴った力に見合うように体の重心を移動する必要がある。そうすると蹴った方向に推進力が出るのですが、このままでは倒れてしまう。これを避けるためには、もう片方の足で転ぶのを避けるために体重を支える。このときのブレードの向きは蹴った足と重心を結ぶ線上に90度で置く必要がある。今度はここから重心を最初に蹴った足側に移動して倒れ込む、と同時に最初と同じように蹴る。進行方向に対して重心の移動は上から見るとジグザグ。横から見ると加速中は常に前。つまり、僕らはジグザグに前に落ちているわけです。推進力の要素は筋力だけでなく重力が関わっているわけですね。この動作の中で僕たちは重力で落ちていこうとする体を足で支える動作を繰り返していることになります。基本的には歩くのも同じですが、ただ、あまりにも誰にでも当たり前のことなので気がつきません。


 さて、宇宙での推進力といえば燃料を燃して噴出するガスの反作用ですね。これは、車と同じわけですが、人間が歩くような推進方法はないものでしょうかね。ただし、作用点がありませんので極めて困難というよりおそらく不可能。外力で重心の移動が起こるような状況を作ってやれば良いのかな。方法はたぶん任意の空間に質量を作り出すこと。宇宙船の前方に常に大きな質量が存在する状況を作れば、そこに向かって落ちていくことになりますね。...わけわからん。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.glycoaware.com/trackback/26
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.