じじ日報

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
振動する宇宙と時計

  以下のわけの分からない説明はさておいても絵にあるようなスパイラル方程式を作って円形の液晶に映し出せば時を動く模様として表すことができます。直感的には、それぞれの色がゴムでできていて混ぜようとしても混ざらず分離したままのびて渦ができていく。そうするとゴムの力で引き戻されて右回りと左回りを繰り返す。この振動周期を24時間に合わせれば時計の出来上がり。渦巻きの向きが午前後を示し、複雑さ(周期)が時間を表すことになりますが、視覚的なものとしかならないでしょう。

 

 さて、宇宙が二つの相容れないエレメントから成り立っていると仮定してみよう。これらが初期状態でどのような状態であっても良いのだが、何かのきっかけで振動を始めるとする。しかし、そんな突飛押しもないエネルギーがどこから来るのか?ということになってしまうので、逃げ腰で最初から動いているとしても良い。この二つのエレメントを水色と黒で表すとし、宇宙の全体の”形”を単純なトポロジーの円であるとしてみる。複雑な状態を避け単純化された状態のみを考えていくととし、この変化の状態を見渡し時間分解してみよう!!!

 北半球と南半球に二つのエレメントが分かれているときが最も単純な宇宙で原始宇宙と位置づけることができる。しかし、これは動きの中での一瞬の状態。北半球に「黒」が集まった状態から出発。二本の棒を黒と水色世界の表面を刺して左に回すと棒に引きずられて黒世界と水色世界がニュ〜とタイチー模様に!そのままあるスピードで回していくとどんどん「複雑なタイチー模様」になってくる。それぞれの世界が元に戻ろうとする性質があることを前提とすれば、どこかでこの力と回る力が拮抗して、逆回転し始める。元の状態を通過してまたどんどん複雑となりこれの繰り返しとなる。

 この”宇宙”を時計と考えれば、普通の時計は12時間で完結しているように、ここでも12時間で同じパターンとなるが回転方向が逆となるので一目瞭然。

 

 仮に私が片方のエレメント中にしか存在できないとすると、最も単純な状態の宇宙では端から端まで最短距離での移動距離は円周の半分なのに宇宙が複雑になっていくとこの距離がどんどん長くなる。宇宙はビッグバンで始まったといわれているが、実は複雑化している過程と考えても説明がつくのではないか。「ある次元」、あるいは、「ある空間」の中に存在する我々人類にはどれだけがんばってもやはり「ビッグバン」でしかないのだが。

 

 私の頭にうごめくオルトゴナル宇宙/1994年に発表したオルトゴナルグリコシル化なる有機合成の概念を絵にしようとしていたときに、喫茶店でコーヒーにクリームを入れて混ぜたときにこれを思いつきました。


 しかし、太古からの言い伝えにある二局宇宙観と呼応する考え方であると思います。特にある一瞬はタイチーの文様と同一となり、また、陰陽説「混沌から生まれた全ての源」に通じるところが面白い。そう思いませんか?

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.glycoaware.com/trackback/49
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.