じじ日報

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
語学を学ばず自分を磨く

大学には、多くの語学関連科目があるし、他国の大学との間での協定に基づく語学留学制度まで用意されている。なかなか学生のために良い、と思ってきた。

 

しかし、よく考えてみると、本当に良いことなのかがよく分からない。そこまでして学生に語学教育をしようとするのはなぜか。なぜそこまでして我々が語学を学ばなければならないのか。グローバル化、コミュニケーション…。そもそも、言語は道具である、と私は思う。頭の中に構築した論理、判断基準、概念、情景、感情、思考、図形など、ありとあらゆる人類にはまだその本質が何であるのかすら分からない、何かを的確に表現し他者に伝えるために発明された道具である。言語学者、また、それを目指す者でもない限り、語学についていつまでも勉強しても「身につく」ことはないのではないだろうか。言語は道具である、その考えに基づけば、例えば仮に大工道具マニアがいるとしよう。彼は、様々な道具に興味があって収集している。しかし、彼はその道具で何かをしようとは考えていない。道具を持っていること、また、それを愛でることが好きなのだ。あるいは、単に物欲が深いこともあり得る。例えば英語教育は中学で始まり、大学生にもなるとかなりの教育を受けているということができる。最近では、さらに「その重要性」から小学校から教育を開始するとも聞く。私にすれば、そんなに道具を集めて何に使うのか?ということである。

 

道具は使うためにある。大工道具は家にかかわる何かを作るためにある。一般庶民とすれば、本棚かもしれないし、日曜大工でガレージを作る人もいるだろう。言語は、頭の中にあるものを他者に伝え、また、他者から聞き相互に理解をするためにある。要するに、コミュニケーションのための道具である。とにかく何かを作ろうとするときには、プロの仕上がりでなくとも味のある良いものができるものである。言語においても伝えたいことがあれば、道具が少なくても伝える努力があって最終的には伝わるものである。

 

そうすると、何を伝えたいのか?そのような伝いたい「ネタ」を持っているのかどうかの方が重要であるということになる。このネタは、なんであっても良い。最初はコミュニケーションに価するものであって、会話の対象となるものとの理解で始めることになるのだろう。挨拶や天気などのいわゆるスモールトークがまず思い浮かぶかもしれない。しかし、これをマスターしても、本当にあなたが伝えたいと思っていることは伝えられない。しかも、スモールトークの奥は深いとしても、一般的には語学を学んでいるようなエントリークラスとしてのスモールトークは定型句でしかなく、そんなものはいつでも身につけられそうだ。それでは、何なのか。やはり、自分が好きな事柄、趣味や食べ物や、宇宙ネタ、ダイビング、車、虫、旅行...なんでも良い。何か好きなものがあるだろう。他の人よりもちょっとくらいは造詣の深いものが、多分あると思う。そのよな事柄について、興味を持っている人もいることだろう。そうすると伝える内容がそこにあることになる。

 

それでも語学を学びたいという方は、何としてでも教師や同級生との会話を楽しんでほしい。それでなければ、語学を習っているのではなく趣味で知識を収集しているだけである。収集癖があるのか物欲からかである。そのような道具にこだわることなく、もっと自分を磨くのがよい。

 

 

JUGEMテーマ:日常

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.glycoaware.com/trackback/52
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.